2024長門市通くじら祭り

プロジェクト概要

地域名

長門市・通地区

対象地域の紹介

漁業の町として栄えてきた通地区では、「古式捕鯨」、「和船競漕」は海の伝統文化として貴重な財産である。地域の伝統文化の継承と地域の活性化を図ることを目的に、地域にある国指定史跡・青海島鯨墓の建立300年を記念して1992年から通くじら祭りを開催している。

対象地域の課題

人口減少と高齢化

プロジェクトのゴール

伝統文化の継承と交流人口の増加による地域の活性化

受入団体名

2024長門市通くじら祭り実行委員会

受入団体紹介

地域の有志を中心に通スポーツ振興会、自治会役員などを委員に、和船競漕部、古式捕鯨部、会場設営部の3部会で構成し、運営している。

協力団体(組織)

長門市観光コンベンション協会

開催期間

令和6年7月14日(日)

スケジュール・活動内容

 9:30  通公民館集合・受付

     (駐車場は旧通公民館跡空き地 通公、民館にて受付)

 9:40  赤フン装着

     (通定置網株式会社1階倉庫で着替え) 

 10:40  古式捕鯨実演説明

     (着替え後、同倉庫内で古式捕鯨実演の説明を行います。説明後、通魚市場で全員で記念写真を撮ります。

 11:00  本番前練習

     (通魚市場から和船に乗り、櫂を漕ぐ練習をします。水分補給用のお茶配布。 )

 11:30  古式捕鯨実演開始

 12:10  古式捕鯨実演終了

     (仕留めた鯨をくじら資料館前の浜に引き揚げる。 親鯨から鯨の子を取出し、鯨墓に供える。)

 12:15  通鯨唄演唱

     (通小学校児童:曲名「祝え目出度」、通鯨唄保存会:曲名「朝のめざめ」・「祝え目出度」 )

 12:30  通鯨唄演唱終了

     (通定置網株式会社1階倉庫で着替え(赤フン回収・持ち帰り可))

 12:40  着替えと昼食

     (通魚市場の水道を使用して身体洗浄。弁当とお茶を配布、通漁村センター2階和室で食事。)

 13:00  異文化交流会(希望者)

     (通漁村センター2階会議室で、和船競漕出場の米海兵隊岩国基地関係者と交流。*自由参加)

 13:30  片づけ

     (主会場のテント・机・椅子など。*自由参加)

募集対象

和船の漁夫10人程度

応募期限

令和6年6月26日(水)

応募方法

応募者は電話連絡(0837-28-0008)し、事務局が申込書を送付する。

宿泊・移動・食事について

参加者各自

食費・宿泊費等の負担について

参加者各自

案内所への登録、SNS等での情報発信が要件になりますが、来県時の往復交通費の1/2(上限3万円)を補助する関係人口来県支援交通費補助金がご活用できます。(1年度につき1人1回限り)

受入団体地域の中心となる活動場所

長門市通 実演場所は通漁港及び漁港沖